事前に作成しましょう

ガンの治療で使われる抗がん剤には副作用がつきものです。副作用にもいろいろとあり、吐き気がすること、食欲不振になること、そして毛髪が抜け落ちてしまうことなど、どのような場合でも患者さんの痛みや苦しみは味わった本人でないと分かりません。

とくに毛髪が抜けることは女性にとっては大問題で、がんを患っていることも忘れてしまうほどに、心にズサッと突き刺さってしまうようです。がんの治療を開始するまえに医療用ウィッグを作成することをおすすめします。とはいえ、まだ毛髪が抜けてもいない方に「さあ、早めに作っておきましょうね」などという言葉がけができるとは到底おもえません。

それでも、治療期間中に突然毛髪が抜け始めてしまいショックを受けることよりも、早めに作っておけば、いざという時にきっとあなたの為になると説得をして、医療用ウィッグを提供している店舗に足を運ぶことを望みます。そのときには、前向きな気持ちになれませんし、毛が抜けるなんて考えられないとおもいますが、どうかご家族で説得して患者さんの気持ちを考えてあげながら事前に作っておくとよいでしょう。

美容院などの資格を持たれている方が実際に医療用ウィッグを作成していますので、カットもきれいにされています。

Pocket

Comments are closed.