カテゴリー: 未分類

医療用ウィッグには大切なポイントがありますので抑えておきましょう。一番値段の高い人毛を使用しているウィッグは、製作段階でパーマをかけることも可能ですし、自分に似合うヘアカットをお願いしておくこともできます。実際にウィッグを付けた場合ですが、洗髪も可能ですし、ドライヤーやヘアアイロンも使えますので本当に自分の毛髪のように楽しむことができるでしょう。

規制品を選ぶこともできますし、自分好みでカスタムメイドすることも可能です。ただし、フルカスタムメイドでは、それこそ100万円近い価格帯になりますので一般的ではないでしょう。真ん中をとって、セミオーダーであれば、自分好みに作りあげられますので納得のいくデザインに仕上がるでしょう。

さて、医療用ウィッグですが患者として病院などで過ごすことも多くありますので、着用時間には気をつけましょう。とにかく通気性に優れたものを選ぶことです。熱くなれば地肌へのかゆみや炎症を引き起こしかねません。メッシュでできていれば、肌に触れていても汗や水分を蒸発しやすく、皮膚にやさしい作りになるでしょう。

抗がん剤の治療が終わっても、すぐに元の毛が生えてくるとは限りません。時間がかかることもありますので、医療用ウィッグを上手に使いこなしましょう。

推奨リンク>>>REIZVOLL 
・・・通気性にこだわっている医療用ウィッグの専門サイトです。

Pocket

ガンの治療で使われる抗がん剤には副作用がつきものです。副作用にもいろいろとあり、吐き気がすること、食欲不振になること、そして毛髪が抜け落ちてしまうことなど、どのような場合でも患者さんの痛みや苦しみは味わった本人でないと分かりません。

とくに毛髪が抜けることは女性にとっては大問題で、がんを患っていることも忘れてしまうほどに、心にズサッと突き刺さってしまうようです。がんの治療を開始するまえに医療用ウィッグを作成することをおすすめします。とはいえ、まだ毛髪が抜けてもいない方に「さあ、早めに作っておきましょうね」などという言葉がけができるとは到底おもえません。

それでも、治療期間中に突然毛髪が抜け始めてしまいショックを受けることよりも、早めに作っておけば、いざという時にきっとあなたの為になると説得をして、医療用ウィッグを提供している店舗に足を運ぶことを望みます。そのときには、前向きな気持ちになれませんし、毛が抜けるなんて考えられないとおもいますが、どうかご家族で説得して患者さんの気持ちを考えてあげながら事前に作っておくとよいでしょう。

美容院などの資格を持たれている方が実際に医療用ウィッグを作成していますので、カットもきれいにされています。

Pocket

医療用ウィッグをご存知でしょうか?大人や子供に関係なく、ガンを患ってしまった場合には、ほぼ抗がん剤の治療を行います。その治療過程において自分の毛髪が抜けていく症状は、抗がん剤の強い副作用のあらわれです。気がつけば、枕カバーに大量の髪の毛がついていたり、ブラシで髪をとかせば驚くほどの毛髪が抜け落ちてしまいます。女性であればショックで落ち込むでしょう。子供たちもあっという間に坊主頭になってしまって驚きを隠せません。このように病気の治療で、その瞬間だけかもしれないけれど髪の毛を失ってしまった患者さんに向けて作られたのが「医療用ウィッグ」です

普通に販売されている「カツラ」などの類と大きな違いはあるのでしょうか?医療用ウィッグでも一般的なカツラでも割と高額で売られていますので、どちらも同じでしょうと考えてしまいますよね。しかし、医療用ウィッグならではの特徴がありますので説明します。医療用ウィッグのポイントですが、がん治療はとても長い時間掛かりますが、その間もストレスなく過ごすことができる精巧なデザインと利便性にとんだ作りが特徴的です

たとえば、通気性も抜群で熱もこもらずに地肌にも優しい作りです。また市販のカツラでもサイズを測り作りあげるオーダーメイドがありますが、医療用ウィッグでもサイズを測り、個人個人に向けた作りを行っています。また、治療期間にもよりますが、おおよそ半年ほどで発毛してきると言われていますので、その時に医療用ウィッグをつけていてもサイズを調節できる仕組みになっているようです。

Pocket