通気性が大事です

医療用ウィッグには大切なポイントがありますので抑えておきましょう。一番値段の高い人毛を使用しているウィッグは、製作段階でパーマをかけることも可能ですし、自分に似合うヘアカットをお願いしておくこともできます。実際にウィッグを付けた場合ですが、洗髪も可能ですし、ドライヤーやヘアアイロンも使えますので本当に自分の毛髪のように楽しむことができるでしょう。

規制品を選ぶこともできますし、自分好みでカスタムメイドすることも可能です。ただし、フルカスタムメイドでは、それこそ100万円近い価格帯になりますので一般的ではないでしょう。真ん中をとって、セミオーダーであれば、自分好みに作りあげられますので納得のいくデザインに仕上がるでしょう。

さて、医療用ウィッグですが患者として病院などで過ごすことも多くありますので、着用時間には気をつけましょう。とにかく通気性に優れたものを選ぶことです。熱くなれば地肌へのかゆみや炎症を引き起こしかねません。メッシュでできていれば、肌に触れていても汗や水分を蒸発しやすく、皮膚にやさしい作りになるでしょう。

抗がん剤の治療が終わっても、すぐに元の毛が生えてくるとは限りません。時間がかかることもありますので、医療用ウィッグを上手に使いこなしましょう。

推奨リンク>>>REIZVOLL 
・・・通気性にこだわっている医療用ウィッグの専門サイトです。

Pocket

Comments are closed.