医療用ウィッグとは

医療用ウィッグをご存知でしょうか?大人や子供に関係なく、ガンを患ってしまった場合には、ほぼ抗がん剤の治療を行います。その治療過程において自分の毛髪が抜けていく症状は、抗がん剤の強い副作用のあらわれです。気がつけば、枕カバーに大量の髪の毛がついていたり、ブラシで髪をとかせば驚くほどの毛髪が抜け落ちてしまいます。女性であればショックで落ち込むでしょう。子供たちもあっという間に坊主頭になってしまって驚きを隠せません。このように病気の治療で、その瞬間だけかもしれないけれど髪の毛を失ってしまった患者さんに向けて作られたのが「医療用ウィッグ」です

普通に販売されている「カツラ」などの類と大きな違いはあるのでしょうか?医療用ウィッグでも一般的なカツラでも割と高額で売られていますので、どちらも同じでしょうと考えてしまいますよね。しかし、医療用ウィッグならではの特徴がありますので説明します。医療用ウィッグのポイントですが、がん治療はとても長い時間掛かりますが、その間もストレスなく過ごすことができる精巧なデザインと利便性にとんだ作りが特徴的です

たとえば、通気性も抜群で熱もこもらずに地肌にも優しい作りです。また市販のカツラでもサイズを測り作りあげるオーダーメイドがありますが、医療用ウィッグでもサイズを測り、個人個人に向けた作りを行っています。また、治療期間にもよりますが、おおよそ半年ほどで発毛してきると言われていますので、その時に医療用ウィッグをつけていてもサイズを調節できる仕組みになっているようです。

Pocket

Comments are closed.